吹き出ものも「ストレス」から悪化してしまうことがある

ストレスを感じるとスキンコンディションが悪くなる事があります。

仕事などで大変な時や、寝不足なとき、原因は幾つもありますが、精神的ストレスなどは我々の皮フに良くないということは皆さんもご存じですよね。

あたしの場合、14、5歳の頃、ホントに吹き出ものがすごくて長い間頭を痛めていたのですが、もしかすると十分な睡眠がとれていなかったせいかもと思いました。

お肌の性質上の問題もありますが、吹き出ものも「ストレス」から悪化してしまうことがあります。

成人しても吹き出物やカサつきなどのスキントラブルに弱っている方は少なくないでしょうが、外的、内的要因があるなかでも「内的ストレス」はかなり影響力がありそうです。

だから、今は睡眠不足にならないようにしてストレスフリーの状態を保つようにしています。

肌メンテをきちんとしはじめたのもありますが、不規則な生活をやめると健康にいいだけでなく美肌にもなれるなんて最高です。

みんなも早寝早起きをして素肌美人を目指しませんか?最終的に、潤いを保つしかないって思ったんです。

何の話かと言うと、若々しいお肌でいる為にはって話です。

潤い不足になったら、もう大変です。

潤いが一切感じられない肌になり、くすんできますし、更には、粉吹き肌になる。

おフロから出た時にケアしないでいると、水気が蒸発してしまい乾ききってしまいます。

もしかすると、原因は「湯」にあるのかもと思いました。

そう思ってからは、気温が低い時期でも、洗顔時には「お水」を使っています。

あったかい水は止めにしました。

その様に水分が抜けるのをちょっとでもガードして、肌の水分維持に励んでいます。

部屋の乾燥には、洗濯物などを干して湿度を上げると、風邪もひきにくくなりますよ。

湿度が低いと、喉の奥もやられてしまって、痛んできたりします。

それも困りものです。

とにかく、美肌には潤いが大切です。

兎にも角にも潤い補給しています。

特別なローションなどを利用しなくても、お湯を止めるだけで実際相当良くなります。

寒いシーズンは辛いですが~。

10代の頃からにきびができる方で、お化粧をしないと、ぽつぽつと目立って、それと痕になってしまったところもあり、すごく悩まされました。

市販で売られているような薬を使ってみたり、ニキビ肌専用の薬用ローションも使ったけれど、全く改善しませんでした。

食べるものも気をつけてみましたが、よくなる気配は全く見られず、鏡を覗くのも嫌で、気分も沈みがちでした。

ニキビ対策用の化粧水やテレビのCMなどで見かけるニキビの薬はもちろん使用しましたが、改善されることはなく、同じ状態が続きました。

雑誌を読んでいて、ニキビでも皮膚科に通院しているという記事を読んで、速攻で行ってみました。

案の定、皮フ科でもらった薬の方が効き目が良く、また、ビタミン補給剤も処方されて、改善される兆しを徐々に感じることができました。

初めから行けばよかったと悔やまれています。

数ヶ月後には全く気にならないくらいによくなりました。

肌荒れについては、自分でどうにかしようと思わず、病院に行くことが良いと思います。

ドラッグストアで売っているクスリは症状が重度でなければ治る可能性もあるかもしれませんが、結局はきちんと処方してもらったものが1番だと感じました。

肌ケアの手段として考えつくのは、やはり美容エッセンスを使うなどのアイテムによるお手入れでしょう。

私も前はとにかくそういったアイテムに大きな期待を持っていてそれ一辺倒だった時期もあります。

だけど、幾つものスキンケアコスメを試してみて分ったことは、「自身に適した物を使わないと、高級化粧品を買ってもどうにもならないんだ」という事です。

現実に、美容記事や美容ブログでどんなに絶賛されているスキンケアコスメでも、肌が荒れてしまう事もあったりして効果も感じられません。

わたしも美容費に結構使ってしまいましたが、やっとそのことがわかりました。

なので、現在は食べ物に気をつける事で肌メンテをしています。

とにかく、「肌」は身体の栄養状態が現れるわけですから、食事内容もとてもポイントとなります。

なかでも着目している栄養は美肌にいいコラーゲン。

カサカサを撃退して、ツヤツヤになりそうですよね。

この頃はコラーゲンが含まれると言われる鶏皮を利用した献立が多めです。

これで本当にハリやツヤが出ますように!